DTG4|デジタルタコグラフ|製品紹介
進化するデジタコ ―GPS内蔵タイプ―
運送業の実態を研究し、満を持して発売された最も多機能な最上位機種。遂にGPSを内蔵しました!多様なオプションに対応し、これまでの省エネ・安全機能をさらに洗練。将来を見据えた“進化するデジタコ”です。
カタログ


オプション機能 ※各機能にはオプション部材が必要です
1.GPS内蔵で地点毎の到着の自動記録が可能に!
DTG4にはGPSを内蔵。ヒヤリ・ハット地点、徐行が必要な路地にさしかかるとドライバーに注意喚起。荷主からアイドリングストップ指定された場所ではドライバーにその旨を警告します。
さらに、配送先などへの到着時、到着時間を自動記録するため、テンキーによる操作などが不要になります。また、DoPaやFoma、auにも対応した動態管理が可能です。

2.ヒヤリ・ハットを事前に予測・警告する機能でより安全に!
ブレーキ信号を取得すれば、居眠り時などに特有の速度変化を検知し、ヒヤリ・ハットを事前に予測。ドライバーに警告することで事故を未然に防ぎます。

3.ドライブレコーダー連動で減点対象となる運転を録画可能に!
デジタコに設定した「速度、回転数、急減速」などをオーバーする運転に連動して、道路状況や車両・ドライバー状況などヒヤリ・ハットの場面を録画。画像を事故防止だけでなくドライバー教育にも役立てられます。
また、ドラレコのGセンサーとデジタコの設定値の組み合わせにより、必要のない画像データ(HDDを圧迫するゴミデータ)を大幅に減らすことで、画像管理の快適性、保存費用の軽減が可能です。
ドライブレコーダーについて

4.アクセル開度を検知し、省燃費・エコドライブをサポート!
DTG4ではアクセルの踏み込み量を検知。大きく踏み込みそうになるとECOランプが点滅。ドライバーに注意を促すことで、省燃費運転・エコドライブをサポートします。

5.坂道センサーにより走行環境に合わせた公正な運転評価が可能に!
ドライバーの意欲を高めるエコドライブ表彰制度を設ける会社が増えています。その際に問題となるのが一律に評価しにくいこと。ドライバー毎に走行ルートが異なるからです。しかし、DTG4は「坂道センサー」が接続可能なため、走行環境に合わせた公正な運転を評価することができます。
※各機能にはオプション部材が必要です

DTG4は環境負荷を減らしたグリーン製品として製造されています
HOME PAGETOP